ホームに戻る


近年、消しゴムはんこファンが多く集まるイベントなどでは「自作の消しゴムはんこを捺して作ったフレークシール」をイベントの来場者同志で交換することが流行っています。「浅草橋けしごむはんこヴィレッジvol.3」でも、来場者同志でシール交換をお楽しみいただけるほか、フレークシール交換ブームの火付け役でもある消しゴムはんこ作家・およよさんによる企画ブース「およよの間」でもフレークシール交換ができます。フレークシールをたくさん作って、会場で楽しく交換しちゃいましょう!はんこ村的な楽しみ方をご紹介します。


ラベルシール用紙を用意します。ラベルシール用紙は「100円ショップ」などでも手に入るほか、家庭用プリンター向けのものが家電量販店でも販売されています。紙にこだわるなら、バナナペーパーを使ったシール用紙もおすすめです。浅草橋けしごむはんこヴィレッジでは「シール堂」のブースで販売しています。

自分で作ったオリジナルの消しゴムはんこをラベルシール用紙に捺します。基本ルールは「自分のオリジナルのデザインであること」です。消しゴムはんこの図案には作者名を入れたりSNSのアカウント名を入れたり、イベント名や日付を入れたり…と自由です。けれども、基本的には交換と交流を目的にしているものなので「はんこの図案に作者名を入れる」か「シールの台紙(裏面)に名前を手で書く」ことが望ましいとされています。また、大きさは「3.5cm×3.5cm以内」が交換しやすいサイズです。小さなフレークシールをたくさん作って、多くの人と交流したり、コレクションすることがフレークシール交換の醍醐味です。

【浅草橋けしごむはんこヴィレッジ公式ルール】
・3.5cm×3.5cm以内のサイズ
・オリジナルの消しゴムはんこを捺して作る
・図案に作者名を入れるかシール裏面に作者名を書く
※交換したフレークシールは交換相手がSNSやブログ等で写真で紹介することがあります

はんこを捺したら、印影の輪郭に合わせて切り取ったり、ちょうどよいサイズにカットするなど、ちいさな「フレーク」状のシールにします。印影を色鉛筆やマーカーで塗ったり、はんこを多色捺ししたり…とさらに個性を出して仕上げるのもアリ!

これでフレークシールの完成です!多い人では1回のイベントで50〜60枚交換する人もいるのだとか。交換したい分を少し多めに作ってもっていくと良いかもしれません。

イベント開催前にフレークシールを仕上げたら「シール交換をしたい」という意思表示を表す目印を持って行きましょう。バッジやステッカーなどを手づくりして当日会場で服やバッグにつけたり、パスケースに入れて首から下げるなどの方法があります。「浅草橋けしごむはんこヴィレッジ」では、ダウンロードして印刷できる目印も公開中ですが、手描きで作ったものでも(ほかの来場者の方が見て解かれば)OKです。また、イベントグッズとして「シール交換しませんかバッジ」も当日会場にて販売しています。※ブームの火付け役・およよさんは「ハンカーの輪を広げよう」の目印バッジを作ることを提唱しています。

【目印となるフレーズ】
・シール交換しませんか
・フレークシール交換しよう
・ハンカーの輪を広げよう

 

シール交換しませんか?浅草橋けしごむはんこヴィレッジオリジナル目印
(PDFデータ/プリンターでA4サイズの紙に印刷できます)※無料ダウンロード

イベント会場に入る前にフレークシール交換の目印になるものを身に付けましょう。バッジやステッカーにして服やバッグに付けたり、パスケースに目印を入れて首から下げるなど、わかりやすい場所に身に付けましょう。

イベント会場で、シール交換を希望する目印をつけている人を発見したら「シール交換しませんか?」と声をかけてみましょう。各出展ブースの前では、ほかのお客様のご迷惑になってしまいますので、必ず「休憩スペース」に移動して交換をするようご協力をお願いいたします。休憩スペースはイベント会場の3個所にございます。また、シール不足などでシール交換ができなくなった時には、目印を外しましょう。マナーを守って楽しく交流をしましょう!

【交換の際のマナー】
・ほかのお客様の迷惑にならない場所に移動して交換する
・1人1枚ずつを基本とする
・交換できない場合は目印を外す


関連グッズのご紹介!浅草橋けしごむはんこヴィレッジの公式キャラクター「ホッチャマン」のイラスト入りのオリジナル「シール交換しませんか?」バッジも販売します。また、交換したフレークシールを貼ったり、イベント会場内の記念スタンプを捺すのにピッタリなイベントオリジナルノートも100円で販売!会場入口付近の「ES-SELECTION」ブースにて販売します。イベントの記念にぜひお買い求めください。

フレークシール交換は消しゴムはんこ作家・およよさんの「ハンカーの輪を広げよう」の提唱によりブームがはじまりました。およよさんのブースやブログもチェックして、よりDeepな「フレークシール交換の世界」を楽しみましょう!

毎回お馴染みのシール交換スペース「出張!ハンカーの輪を広げよう」コーナー。全国から集まった消しゴムはんこ作家さんのフレークシールが大集結!26人分のシールとあなたのシールを交換してください。
Website



ページ上部に戻る